トップページ 最近あった話題 IXY DIGITAL 200購入!

QV-70

CASIO QV-70

IXY DIGITAL 200

IXY DIGITAL 200

ケース

左側がIXY用
別売りだけあって作りは良い

USB端子

これが1500円のUSB端子

 このHPを立ち上げた時に購入したCASIO QV-70は、元祖デジカメであるQV-10と同じハードウェアを踏襲しコンパクトにしたデジカメです。
買った頃の世の中は35万画素のVGAサイズのデジカメが主流の次期でした。
常に携帯したかったのでコンパクトなQV-70を購入したのですが、解像度が25万画素、固定焦点のため撮った写真はボケてしまうことも多々ありました。

 だから新しいコンパクトなオートフォーカスのデジカメがずーっと欲しいと思っていたので、IXY DIGITALが発売された時はかなり注目していたのですが、購入までには至りませんでした。
5月末に新型のIXY DIGITAL 200が発売されると知ると、物欲が高まって、ネット通販のボタンをクリックして予約購入をしてしまいました。(笑)

私の手元には発売日の3日後に届きました。


IXY DIGITAL 200はいいよ!

 低解像度のデジカメを使い続けていた理由は、MABE Pageに掲載する画像に使うだけなので解像度が低くても良いと思っていたからです。
IXY DIGITALを使ってその考えは間違っていることに気がつきました。
使ってみて感じたことを思いつくまま挙げてみます。

操作感(スピード)

最新機種では採用されているCPUの性能がアップしているので、何を操作するにもサクサク動作しスピードが速いです。これはとても気持ちいいです。

オートフォーカス

安いデジカメには固定焦点の物が多いですが、デジカメを買うときは必ずオートフォーカスである物を選んだほうが良いと思います。ピンボケでない撮影ができるのは重要です。
シャッターボタンの半押しでオートフォーカスが働き、全押しでシャッターがきれます。実際にシャッターがきれるまでにタイムラグが少しあるのでシャッターチャンスを逃さないように注意。

2倍望遠

望遠は無いよりもあったほうがいいです。撮影する時に被写体に近づかなくて済むのは便利です。
光学2倍ズームなのですが、液晶モニターで撮影している場合、2倍以上にズームアップすると、デジタルズームがシームレスに連動して5倍までズームアップします。
VGAサイズで撮影するのであれば、デジタルズームが働いても画素が粗くなることがないようです。

液晶表示

撮影時に液晶画面に表示される画像も、QV-70ではコマ送りのように表示され、シャッターチャンスがつかみにくかったのですが、IXY DIGITALでは、ファインダーから覗いたように滑らかに画像が表示されます。

ファインダー

QV-70のファインダーは覗く角度により被写体が見える範囲が変化してしまい、実際に撮影される絵とは異なるものになってしまい、実質的にはファインダーを覗いての撮影は無理でした。
デジカメはそんな物だと思っていました。IXY DIGITALはそんなことはありません。スチルカメラの感覚でファインダーから覗いた被写体を撮影することができます。
デジカメを購入する場合は店頭の展示機のファインダーを覗いて見ることをおすすめします。最近流行の低価格デジカメは液晶が搭載されていないので、この辺の性能が特に重要だと思います。

記憶メモリー

写した画像はコンパクトフラッシュ(CF)に記録されるので、そのCFを写真屋さんに持っていけばプリントができるそうです。CFがフィルムの代わりになり、本当にスチルカメラの代替になりそうです。
安価なCFのPCカードアダプタを使えばノートPCに簡単に撮影したデータを転送できます。

レンズカバー

撮影時以外は、自動的にレンズカバーがレンズを隠してくれるので、レンズを傷や汚れから保護してくれます。

電池

通常の単3型の電池が使えたほうが、バッテリー切れの時に安心なので良いと思いますが、IXY DIGITALは専用の二次電池(リチウムイオン電池)です。
専用の充電器もカードサイズで非常にコンパクトであり持ち運びOKであることと、1回の充電で撮影できる枚数が多いのでとりあえずは問題ないでしょう。でも予備の電池は持っていたいですね。

外観

ステンレス製の筐体は、チープな感じのプラスチック筐体のデジカメとは一線を画すもの。質感が違います。持つ喜びってやつですね。コンパクトな筐体は常に携帯するために必須だと思います。

動画撮影機能

基本的に使うことは少ないと思いますが、できないよりもできたほうが楽しいですよね。

ソフトケース

IXY DIGITALを携帯する時に必要なソフトケースは同梱されず別売でした。
実売2000円で購入しましたが、必要なものなので同梱して欲しいです。ソフトケースはズボンのベルトを通して腰に下げられるので軽装でデジカメが入るポケットがない時に便利です。

画像編集管理ソフト&PC接続ケーブル

今回から同梱されるようになりました。
価格的には旧型IXYとUSB接続キットを買うのであれば、IXY DIGITAL 200のほうがお得な場合もあると思います。

私のPCにはUSBコネクターが付いていなかったのですが、マザーボードが対応していたので、秋葉原でUSBた基板を1500円で購入してつけました。
実は買ったパーツが別のチップセットのマザーボード対応品で、PS/2とIRDA用の端子も付いていてコネクタのピン数が違っていたのですが、USB用のピン配置は同だったので無理矢理つけちゃいました。もちろんほPS/2とIRDAは使えませんよ。

USBでの画像転送は思ったど速くありませんでした。高解像度になった分だけ画像のサイズが大きくなっているので仕方ないのかもしれません。

画像編集管理ソフトは、大量の画像を簡単に保存し整理するには必要だと思います。私の場合、HPに使うために必ず画像を小さくリサイズするのですが、付属のソフトは画像を指定の大きさにリサイズする機能がないのがイマイチかも。(ファイルの保存時にサイズ変更が簡単にできることがわかりました。(01/07/16))

内蔵フラッシュ

フラッシュが付いているので暗い場所での撮影も可能。室内での撮影も手ブレの心配がなくなるので良いですね。


今回のデジカメ購入はとても満足

しばらくはこのデジカメを使い続けることになると思います。
このHPの写真もピンボケが減ることでしょう。さよならQV-70、ありがとう。



トップページ 最近あった話題